読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

ソフトを中心に雑記を書いてる割とすぐ転職したい28歳。

温度の差?コミュニケーションの問題?

今日、同い年の後輩が先輩に怒られていた。

前もあったことだし、最近は比較的頻繁にあることのようだ。

 

ある仕事をしていて、後輩が行き詰まっているようだった。

そこで、彼は先輩に質問した。

「これ、今のままだと上手くいかないんですよね。こうしたら良いですかね?」

こんな感じの質問に、先輩は怒ってしまったようだ。

先輩曰く、

「何を言っているんだ。俺がそんなこと知るか。結果が分からないことをやるから仕事なんじゃないか、お前はどうしたいんだ。こうしたいんじゃないのか!」

とのこと。

 

言いたいことは分かるけど私は納得出来ない。

理由は単純、後輩君はおそらく仕事の今のタスクに全く興味が持てていない。

おそらくこうすれば出来る気はするが。。。という仮定はあるが確証が無い。

といった状態だと思う。

だから、"☓☓をしたい"という表現は出来ない。

だから、たぶん思いは伝わっていない。

 

正解の回答はたぶんこう。

「うん、いい考えだね。それでやってみようか。」

あるいは

「こういう考えで見てみると上手くいかないと思う。どういう検討をしたの?」

つまり、彼の仮定を後押しするか、ダメな場合は引き止めることをとりあえずして欲しいのだと思う。

まだ入ったばかりなのだから興味が持てないのは当たり前だ、自信が無いのは当たり前だ。

初めたばかりで、初めてのプロジェクトで先輩たちと同じ興味レベルに、知識レベルになれているはずがないではないか。

まずは殆ど敷いたレールで良いから、先輩の卓越した考えでも良いから、いくつかの成功体験を積ませて調子に乗らせるのが先だろう。

 

などと思った今日この頃。