雑記帳

ソフトを中心に雑記を書いてる割とすぐ転職したい28歳。

そろそろ時間切れかなと思っている

入社当初決めた5年という期限が、あと半年で切れる。

何の期限かというと、単に5年は自分から会社を辞めないというただそれだけ。

それ以降の残留条件もいくらか設定があり、例えば、目指す姿の先輩・上司がいるだとか、会社で学ぶのが効果的であろうと考えられるとか、そんな程度の条件だ。それなりにまともな環境であれば別に問題無いはず。

明らかに条件を満たせそうも無いっぽいということが実感されるので、転職が現実味を帯びてきている。

 

転職のため、流行りの技術とかをちょくちょく勉強するようになってきているので、そっちの話ははてなダイアリーの方を御覧ください。

 

結局、今のところ4.5年会社にいる訳だが、会社に入って得られると期待した技術のうち、おおよそ4~5分の1くらいしか成長度が無いことが実感される。

正直、会社起因での能力向上は、新入社員が仕事の手順と手続きを学習した程度でしか無い。(最近上司になった人はそれを見抜いているようであるのが面白いね。)

本来は製品の保証のための理論的なメソッドとか、効果的・効率的な評価メソッドなんかを、会社という体系を元に学びたかった訳だが、そんなのはほぼ一切なし。

結局、会社で得られたのは、元々大学とか、自主的に勉強していた技術を使って、即座にその場を凌ぐ技術くらいなものだろうか。

あまりにタスクで溢れた状態になっていたので、暫定対策などで時間稼ぎをしている間に上がまともな体制に立て直してくれると期待して、自分から学習機能や機会をOFFしてまでその分を実行速度に割り当てて動いてやった訳だが、期待した上がまともな体制というものの作り方を知らず、どんどん後手に回り続けて行った結果、グダグダな開発に突入していった。

結局、大量のコードブランチが発生して、意味なく管理コード量が100万行を超えるような状況になって(管理人数1人だよ?)、他の誰もが手出し出来なくなった。

そんな個人レベルの技術で金が貰えるなら全然ありがたいけれど、そんな会社にいても後先真っ暗なのでやってられない。

5年もいればそこそこに愛着もあるけれど、明らかに学生の頃の貯金が目減りしていることが分かるので、やっぱりそろそろ限界だろうなと思ってきている。

 

あ~あ。